アーチ

土木工事はものづくり

土木工事は、一般的にきついイメージがあり、あなたがまだお若いなら気が進まない仕事の一つかもしれません。
また、ものづくりというイメージを持ちにくいかもしれません。

しかし、私たちはそうは思いません。

この仕事は社会への貢献度がすごく大きい責任のある仕事であり、自分のやっていることに誇りを持てる仕事です。仲間と協力して工事が完成した時の喜びはひとしおならないものがあります。

実際に私たちが作った道路や構築物を使ってくれる人を見てそう感じます。この仕事を完成させれてよかったなと、しみじみとそう思います。

では、一つの仕事が完成するまでの流れをお伝えしますので、
少しでも身近に感じてもらえたらと思います。

名寄市営住宅内の花壇づくり

市営住宅花壇工事の様子

花壇の外構工事

今回は名寄市営住宅、花壇の工事の様子です。まずは大まかに地盤を均し測量して丁張りを出し正確な位置を決めていきます。

舗装止め縁石を敷設する事を計算し、ショベルで地面を掘削し、敷き砂利を入れて行きます。

市営住宅花壇工事外構ブロック設置作業

ブロックで外堀を制作

雨が降った時でも花壇から土が流れ出ないように、しっかりと縁石で外構を作っていきます。

丁張りから水糸で通りを出し糸に合わせて縁石を敷設していきます。

仕上げにブロック同士の目地の間にモルタルを入れつないで完了します。

市営住宅花壇完成

花壇の完成

最後の仕上げは、客土を入れて均します。
レイキなどで敷き均し完了になります。

手前味噌で恐縮ですが、いい感じに仕上がりました。

ここに暮らしている人たちはどんな花を植えるのでしょうか。
近くを訪れたら立ち寄ってみようと思います。

河川維持草刈り

河川整備前

河川の草刈り集草

近年、地球環境の変化で北海道でも大雨が多くなってきています。小さな小川ですが、草木が生えると水が大量に流れると氾濫するリスクがあります。また、害虫なども発生しやすくなります。

そこで私たちの出番です。草刈りを定期的に行うことにより、河川の状態を維持しリスクを軽減します。

河川工事集草作業

除草作業

どんどん草木を刈り集草していきます。古い護岸の上に草木が生え水の流れが悪くなっているためです。

草木が水の流れを悪くし、もしもの時のリスクを高める原因となります。

河川整備工事完了

護岸の除草の完成

今回は草刈りという仕事の例ですが、インフラの維持には欠かせない仕事です。

そして、災害リスクを軽減し、周辺住民の方の安全・安心な生活に貢献できることだと思っています。

もし当社の仕事に興味を持ってもらえたなら、しっかりした研修制度もありますので、お気軽にご相談ください。

採用情報

健康経営優良法人認定

健康経営優良法人に認定

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

健康経営に対する取り組み

人生100年時代・一億総活躍時代といわれる昨今、当社では社員の健康管理を充実させるため健康経営を実践しております。健康経営優良法人認定とは上記の通りですが、当社は2020年度の優良法人として認定されました。土木事業には、健康が第一です。健康を害すると現場での事故につながりかねません。安全第一を指針とする当社にとって、健康経営は重要度の高い取り組みです。

当社での取り組みとその効果

食生活の改善の指導や筋トレルームを設置し、健康とメンタル面の確認のため月1度の個人面談を実施しています。健康経営を推進するため管理職には講習の受講と社員の教育を職務としています。その結果として、喫煙率の低下・外食の頻度の低下・低糖分の飲料水への変更など一定の効果が出ています。そして、健康経営への目的意識の共有から社員同士のコミュニケーションが良くなり、社内の雰囲気の改善にもつながっていると実感しています。当社では今後も長く元気に活躍できるよう健康経営により一層取り組んでいきます。